バレエレッスン床を押して膝を伸ばす!

バレエレッスン床を押して膝を伸ばす!

今日のバレエポイントは、床を押す!

バレエのlesson中に、床を押すとよく言われます。

バレリーナの場合は、トゥシューズで踊っているときのイメージで考えて欲しいと思います。

バレエシューズで踊っているときに、足の指を曲げて使い床を押して踊っていませんか?

その指の中で、親指が一番強く使われていませんか?

バレエの基本で、指は伸ばしましょう!とレッスンで言われますね!

その理由は、指を曲げて床を押すと、身体の仕組みにより膝が曲がるようになっています。

ルルベをしているときに膝が伸びない理由の一つです。

それと、指を曲げて床を押す事に慣れていると、トゥシューズの時にもトゥシューズの中で指を曲げてポアント立とうとしてしまいます。

そうすると、膝は曲がっている事になります。

指を使う事がダメなんじゃありません。

その使い方、タイミング、順番が大切です。

少し足の指を感じるながら、lessonしてみて下さいね(*^_^*) 応援しています。 

足指の使い方、タイミング、順番の詳しい話は、日本バレエ踊り続ける倶楽部ブログのメンバー限定。または、バレエボディトレーナー・IMURAブログのご来店様限定で書きたいと思います。

日本バレエ踊り続ける倶楽部メンバー無料会員のご案内

バレエボディトレーナー・IMURAへ起こし頂きましたら、いつもお伝えしている内容ですが、文字や動画で見直す事、思い出す事に役立てて下さい(*^_^*)

 

報告する

関連記事一覧