バレエシューズの裏にはヒントがある

バレエシューズの裏・トゥシューズの裏、ソールをじっくりと見たことはあるでしょうか?

普段の靴、スポーツの靴、NIKEなどの靴の裏とは全く違う形をしています。

ソールが2つしかありません。

しかも、指の裏にはソールがありません。

普段の靴・スポーツの靴の裏では考えられない事です。

普通、身体を動かす時は、足指を床に対して曲げるように押す・つかむ事で力を入れて動きます。

でも、バレエシューズの裏ソールを見ていると、指は曲げて使わないでね!って言っているように見えます。

そうです。バレエを踊る基本・軸・身体の使い方では、指を曲げて床をつかむように踊ってはいけないことになっています。

それは、美しく踊る為の身体の使い方だからです。

バレエを踊る為に作られているシューズ。バレエ基本・身体の使い方をちゃんと教えてくれているようです(*^_^*)

連休中にレッスン・舞台を頑張っているバレリーナさん!

応援しています(^O^)ファイト

もっとバレエ身体の使い方を、自分自身の身体で感じ踊れるようになりたいを、応援させて頂きます。

バレエボディトレーナー・IMURA(お店)へ、お越し頂ける方は、下記をご覧ください⇓

お越しになれない方は、下記よりネットから応援させて頂きます↓

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。