バレエの正しい身体の使い方・アンディオール、バレエを踊れる身体づくり・バレエ整体、必要な理由

  • HOME
  • ブログ
  • お店の案内
  • バレエの正しい身体の使い方・アンディオール、バレエを踊れる身体づくり・バレエ整体、必要な理由

クラシックバレエは、ヨーロッパを中心に発展してきました。ヨーロッパ・ロシアを中心に創られてきたといっていいと思います。ヨーロッパ・ロシアの人の身体を中心に美しいを追及してクラシックバレエは創られてきました。

日本人の骨格・筋肉・身体と、ヨーロッパ・ロシアの人の身体は違います。

クラシックバレエを美しく表現して踊る為の身体・骨格・筋肉は、美しいを追及しているので、究極の美を表現する為の身体が必要です。クラシックバレエ・古典の舞台・作品を美しく踊るバレリーナの身体は、創られた・決められた、方向・角度・ライン・バランス・動きが表現できる事を求められます。
この決められた・創られた、クラシックバレエを踊る為の身体を生まれつき持っているのは、バレエを生まれた国・ヨーロッパ・ロシアの人達です。

日本人の身体は、決められた・創られた、クラシックバレエを美しく表現して踊る為の身体ではありません。近年、日本人の身体もクラシックバレエを踊れる身体に進化してきました。ですが、ヨーロッパ・ロシアの人たちの身体も進化しています。更に美しい表現をする事ができるようになっています。
バレエボディトレーナーは、この日本人の身体をクラシックバレエで美しく表現する事ができる身体に近づける為に。

バレエ整体
● 日本人の股関節をできる限り無理の無いように、開く・上げる、方向・角度を作れるように身体へ。
● 脚の長さ、手の長さ、長くする事はできないので、筋肉を柔らかく歪みを整えて真っ直ぐな脚へ。
● 身長が伸びる為の妨げになる、偏ったバレンス・ずれている背骨などを整えて美しい成長へ。

日本人の身体は、しっかりと自分自身の身体の事を学び・理解する必要があります。
理解したうえで、クラシックバレエの基本・身体の使い方・作り方・方向・角度・表現の仕方などを学び・理解して、レッスンをしていかなければバレエを踊る事はできません。

バレエボディトレーナーのバレエ整体は、自分自身の身体を学び理解する為に必要な事になります。

自分自身の身体を理解した次は。

クラシックバレエの正しい基本・身体の使い方・作り方・方向・角度・表現の仕方などを学び・理解する必要があります。

バレエボディトレーナーは、アンディオールでバレエを美しく踊る特別レッスンとして、自分自身の理解した身体を、どのように使う事で、クラシックバレエを美しく表現して踊る事ができるかを伝えています。

バレエボディトレーナー・IMURA(お店)へ、お越し頂ける方は、ご予約お待ちしています!

お越しになれない方は、下記より応援させて頂きます↓

バレエボディトレーナー・IMURA

TEL・0798-32-0631

〒662-0052 兵庫県西宮市霞町1-11

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。