バレエとストレッチのポイントは共通してる!

バレエを踊るためには、筋肉・関節が柔らかく動かせなければ、決められた角度・方向・振り付けが踊れません。

身体が硬いと悩んでいる方がいます。

小さなバレリーナさんの場合は、ストレッチをする時間をゆっくり増やしていくことで、身体が開いている事に慣れてきます。

小さい時期は、続ける事が難しいだけです。

お家で、どのようにストレッチを続けるのかを、考え実行するかです!

小さなバレリーナさんには、お母さん・お父さん・バレエ教師が応援してあげなければ続きません。

お家では、脚を開く為のスペース・床を作ってあげて下さい。

できればリビングで、一緒にいる部屋できるように考えて欲しいです。

ストレッチするとイメージすると、力が入ったり、無理をしますので、テレビを見るときや、少しの時間があるときに、床に座って膝を伸ばし、楽な程度の開脚をする事がポイントです。

お家にいるときは、リビングでの自分のスペースは、床に座って開脚している!

そんな空間・習慣を作ってあげれると効果が現れてきます。

リビングで一緒にいるときでも、もっとストレッチして!などと声をかけない方が効果が出ます。

優しくほめてあげると、更に効果が出ます(^O^)

正しいストレッチも大切ですが、小さなバレリーナさんの時期の身体は、慣れる事が一番大切です。

お母さん・お父さん、少しお家のスペースを応援してあげて下さい。

バレエ教室での、ストレッチをする時間が少ない場合があります。ストレッチに時間をかけると退屈したりします。

発表会・コンクールの練習がある時は特に時間を作るのが難しいと思います。

ですが、レッスンとストレッチは繋がっていることが大切です。

バレエを踊る為に、身体が柔らかくないと踊れない、美しい姿勢・身体を作るためにストレッチは大切だと学ばせて欲しいと思います。

美しくバレエを踊るバレリーナは、ストレッチも美しいです。

バレエのレッスン、基本の1番はじめに、ストレッチがあります。

ストレッチで美しく身体を感じて柔らかく動かせるから、バレエの踊りが美しくなるんです!

バレエ教師の先生、小学生までのバレリーナさんには、ストレッチをする時間を作って、大切なことを伝えて欲しいと思います。

☆ 大人の為のバレエストレッチ

大人の硬い固まってできあがっている身体を柔らかくするには、とても時間がかかります。

筋肉は、縮まることを何十年と覚えて生活してきました。関節も日常の動き程度を覚えています。

それを急に緩めて大きく動かされると、身体がびっくりして危ないと感じて痛みなどを出してきます。

大人の身体の方が、子供よりもゆっくり時間をかけて慣らしていかなければいけません。

ストレッチに慣らす方法は、上記の小さなバレリーナさんと同じです。

お家にいるときに、床に座って楽な角度でいいですので開脚する事に慣れていきましょう!

慣れてくると、膝が伸びて少し開いて、座ることが楽にできるようになります。

お家だけでなく、お仕事場でも片足ずつでもいいですので、少し伸ばしてみましょう!

まずは、楽に続けることができる!これが効果を出すポイントです。

続けることができるようになれば、その先の正しいストレッチを学び、自分自身の身体と話し合いながら、徐々に柔らかい身体へ進んでいきます。

正しいストレッチの方法を学びたい方!

いつでもバレエボディトレーナーが応援させていただきます。

美しく魅力的に踊れるバレリーナを目指して頑張りましょう!

バレエ基本、ストレッチ、どちらも続けることが共通です。

継続は力なり

応援しています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。