ルルベ・美しい足先・甲・膝で踊る為の秘密

バレエを踊る時の足首の動きには、プリエとルルベがあります。

足先を伸ばす動きがルルベです。

足先・足首だけの動き・身体の使い方だけを考えてルルベするのでしたら、伸ばす力を強くすればいいです。

足先を伸ばすだけならば、ふくらはぎの筋肉と前太ももの筋肉を強くすれば足先はしっかりと伸びます。

小さいバレリーナさんの時から、伸ばす事を注意され意識して教えられる事が多い日本では、このふくらはぎと前太ももの足先だけを、伸ばす感覚を意識してしまい、筋肉が強くなっている事を感じています。

甲・足首・足先に注意と興味を向けられてしまうんだと感じています。

コンクールなどの審査や踊りを中心に見ていると、そう意識してしまうとも感じています。

ルルベで足首を伸ばす時は、ふくらはぎと前太ももを使う事は間違っていません!

ですが、膝を伸ばして美しい脚を魅せながら踊る全体を考えたときには、ふくらはぎと前太ももの強さだけでは!

膝が伸びません。

太もも前とふくらはぎが太くなる原因にもなります。

膝を伸ばす為には、ルルベ・足先・足首を伸ばす使い方と逆の使い方・筋肉の強さが必要です。

足先を伸ばす使い方と、膝を伸ばす使い方は、逆だと言うことです。

その逆の使い方とは、フレックスです。

ブレックスとは、足先を反らす使い方。(屈曲)

脚をまっすぐ前に伸ばして床から少し浮かします。その時に膝が曲がっている場合は、足先を伸ばそうとふくらはぎと太もも前が多く使われています。

少し太もも前の力を抜くと、脚が床へと落ちていくと思います。でも同時に膝が延びると思います。

その状態になったぐらいで、足先をフレックスしてみると、膝が更に伸びて脚全体がまっすぐになります。

フラックスも、ルルベも、力を入れすぎると上手くいきません。勝負させるのではなく、話し合って足先が伸び、膝が伸びる、バランスを作り出せるかが大切です。

そんな事を考えながら踊れない!

そうです。そんな事を考えながら踊っていません。

考えなくても、足先・膝のバランスを作り出せるように、身体で覚えるように、積み重ねてレッスンする。

だから、踊っているときに足先・膝・脚全体が美しくなります。

それだけ、ルルベを意識して続けてレッスンするからできるようになるんです!

フレックスは、プリエをするときにも使います。かかとが浮くプリエは、伸ばす使い方・力が強く多い事がわかります。

開く・アンディオールするにも、フレックスする身体の使い方が大切です。

身体の使い方は、1部分だけでは上手くいきません。踊れません。

それから、今日!身体の使い方を知って練習しても、明日意識して練習しなければ、また忘れてできなくなり、膝が曲がる、甲が出ない、足先が。。。となります。

逆の使い方を一瞬でコントロールして、ルルベ・ポアントに立ち踊るクラシックバレエ。

生まれ持った身体だけで踊れるものではありません。

全ては、身体の使い方を正しく学び、積み重ねる事で美しく踊れるんです。

1部分だけを見過ぎないで、意識しすぎないで、全身の繋がりを感じ、興味を持って欲しいと思います。

あきらめる事はありません。

目線を変える、考え方を変える、意識の仕方を変える、イメージを変える。

小さいバレリーナさんでしたら、目線を変えてあげる、イメージを変えてあげる、興味を持って方向を変えてあげる。

変わった意識・イメージを積み重ねる環境を創る!

あきらめる前に、少し取り入れてみて欲しいと思います。

バレエボディトレーナーは、身体の使い方、イメージを変える、積み重ねる環境も、お伝えして応援しています。

バレエボディトレーナー・IMURA(お店)へ、お越し頂ける方は、下記をご覧ください⇓

お越しになれない方は、下記よりネットから応援させて頂きます↓

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。