バレエのお腹の使い方!

バレエを踊る時のお腹の使い方って?

・お腹に力を入れなさい!

・引っ込めなさい!

・骨盤を起こしなさい!

・お腹を引き上げなさい!

日本語にすると沢山あり、難しくイメージしにくいですね(>_<)

そのために、お腹・腹筋を鍛えなければいけないとイメージを強く感じているバレリーナさんも多いと思います。

バレエを踊るための筋肉は、強く鍛えるイメージよりも、柔らかくコントロールできる筋肉に使い慣れるイメージにして欲しいと思います。

ガンバって腹筋の筋トレしても、踊るときにじゃまになります!固まってるだけの筋肉ですから(T_T)

少し時間があるときに、お腹周りの筋肉図を見てみましょう。いろんな方向の筋肉を見ることができると思います!

その筋肉を1つずつ、動かしてみることができるでしょうか?

実際にバレエを踊るときに1つずつ動かして踊る事はないですが、コントロールできるようになると、柔らかくしなやかに踊れます。

1つずつ使う踊りは、コンテンポラリーダンスの基本です。

世界のバレエ学校では授業の1つになっています。カンパニーの公演で踊るために学ぶ理由と、もう1つは身体の使い方・コントロールする感覚を手に入れる為です。

クラシックバレエの基本は、縦の軸を育てます。その縦の軸・バレエの基本を使ってキャラクターレッスンで、踊りを練習してコントロールする事を覚えていきます。

それだけでは、コントロールする感覚、プロとして踊る・魅せるレベルまでたどり着きません。

そこでコンテンポラリーで、さらに身体を感じてコントロールして踊れるダンサーへ進化していきます!

バレエを美しく柔らかく踊るためには、お腹の使い方も大切です。

・前に脚を上げる時の使い方

・横に脚を上げる時の使い方

・後ろに脚を上げる時の使い方

それぞれの方法で、少しずつ使い方と、力のレベル・入れる強さが違ってきます。

全ては、バレエの基本・縦軸を中心にコントロールして踊る身体の使い方が、クラシックバレエです。

小さなバレリーナさん(14才頃まで)の筋肉・特にお腹周りは、まだ成長している時期ですので、鍛えすぎる事は注意して下さい。

ガンバってお腹を使おうと思っていても、成長中ですのでコントロールできません!

無理すると、筋肉が固まり成長に影響が出ます。腹筋の筋トレ(スポーツ・フィットネスのやり方)は、お勧めしません。

15歳からのバレリーナさんでも、腹筋の筋トレ(スポーツ・フィットネスのやり方)では、踊りに役に立つ感覚は手に入りません。

バレエの基本を正しく学び、身体でコントロールしながら、踊りの中でお腹を使える事が大切です。

お腹を使って、柔らかく美しく踊る為には、バレエ基本・縦軸があることがポイントです。

バレエ基本・縦軸・お腹・背中・足先・足首・膝・肩甲骨・手先・首・顔、身体の使い方を、バレエボディトレーナーは応援しています。

日本のバレエ教室の少ないレッスン時間では、伝えれない身体の使い方!

自分自身の身体で感じてコントロールしながら踊って欲しいと思います。

更にバレエを踊ることが楽しくなります!

バレエボディトレーナー・IMURA(お店)へ、お越し頂ける方は、下記をご覧ください⇓

お越しになれない方はMeKu.o Ballet-Sponsor の、メンバー専用のブログ記事・動画で、ご覧いただけます。詳しくは下記をクリックしてご覧下さい。

MeKu.o Ballet-Sponsor メンバー登録・募集案内

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。