バレエの指・手首・肘・肩・肩甲骨の身体の解剖学(3歳~8歳)

まだ身体が成長する為の準備段階です。自分自身の身体を感じる事、理解する事はできない年齢です。この時期では、指・手首・肘・肩の使い方は意識できる年齢ではありません。だから心配しなくても大丈夫です。

ですが、指先の使い方や腕の伸ばし方などは、バレエを踊る・表現する為にとても大切です。美しいプロの踊りを見て、上半身の真似をする事をお勧めします。 今の時期はバレエを踊る為に必要な感性を育てていく事が大切です。それから人の前で踊る、バレエの衣装で踊る、バレエの舞台を発表会などでみんなで一緒に踊る・創る経験をする、美しいバレリーナに憧れる、人の為に踊るバレリーナになる為に、お父様・お母様と一緒になって育つ事が必要です。バレエが大好きになるようにレッスンして欲しいです。

この年齢の時は、お父様・お母様が少し身体の事を知り、お子様の身体のチェックをして欲しいと思います。下記の指・手首・肘・肩の身体の仕組みを覚えてチェックしてほしいと思います。

指・手は、曲げ伸ばしがしっかりとできているかが大切です。通常はグーチョキパーが出来ると思います。それならば心配ありません。 手首は、屈曲と伸展と回旋と外転と内転と、動かす事が出来れば大丈夫です。

は、屈曲と伸展と回旋が出来れば大丈夫です。 少し伸展の角度が大きい場合があります(一般的にサル手・腕などと言われています)心配する事はありません。脚と違って負担は少ないですので、この先美しく魅せる為の正しい使い方を学び、コントロールするレッスンをしていけば大丈夫です。 肩は、身体の中で360度と動かす事ができる唯一の関節です。スムーズに動かす事が出来れば大丈夫です。

肩の関節は、腕の骨と肩甲骨の外側にある受皿とで関節になっています。肩関節は、股関節と同じようになっています。骨盤と股関節の仕組みを見た時に思い出してほしいと思います。 肩関節・腕と、股関節・脚は、お互いにバランスを取り合っています。美しく踊る為に大切なバランスです。この腕と脚をコントロールする事がとても大切だという事も覚えておいてほしいと思います。

受付中! バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

バレエボディトレーナー・IMURA(お店)へ、お越し頂ける方は、ご予約お待ちしています!

お越しになれない方は、下記よりネットから応援させて頂きます↓

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。