バレエと言う言葉!聞いたことありますか?

バレエは、フランス語? それとも?

 

今では、世界中どこへ行ってもバレエという言葉は通じると思います。そういう意味では、バレエは世界の共通語になっていますね(^○^)

その共通語、そもそもこの言葉は何語なんでしょうか?

フランス語、と見られていた方も多いかもしれませんが、バレエは元来イタリア語の「踊る」という自動詞バッラーレ (ballare)または「踊り」を意味する男性名詞バッロ( ballo)やバッレット( ballet。)がルネッサンス期にフランス宮廷に渡り、バレエ ( ballet )と縮まった、というのが定説であります。

以後、フランスで花開いたためバレエ用語の大半はフランス語なのですが、バレリーナなどのように、発生の地イタリアの言葉を今でも使われています。

日本ではスポーツのバレー( Volley )と同様にバレエをバレーと表記することがあり少し残念です。しかしこれは文部省の初等中等教育の学習指導要領にもバレエはなく、また国語審議会においても特にその使い方を規定していない外来語だからいたしかたないようです。

いってみればバレエは正規の認知を得ていない芸術ということになります。最近は日本でも少し認知されてきているようです。

日本にもバレエが文化の一つになっていくと素晴らしいと思います。

日本のバレエ界を応援しています!

  1 > 2 > 3

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です