今の日本のバレエ界!

今日のバレエポイントは、バレエを楽しく踊る!

バレエを楽しく踊ると言うことは?どう言うことでしょうか?

☆自分勝手に好きなように1人だけで踊る。

☆人に負けないよう競い合って踊る。

☆身体を気にし過ぎて無理なダイエットしながら踊る。

どれもバレエを楽しんで踊る!ではないと思います。頑張ることはとても良いことです。

でも、1人で頑張らないで!

人と競い合わないで!

身体のことばかり気にしないで!

世界共通のバレエを学び・知り、その伝統・古典・芸術を守りながら踊る事を、いっぱい楽しんで踊り続ける・レッスンし続ける事が、バレエを楽しく踊ると言うことだと思います。

もっともっと、日本でも世界共通のバレエを学び、いっぱい楽しんで踊れる環境・教室が大切だと感じています。

今の日本は、コンクールが流行っています。そのコンクール流行りに流されて、バレエを楽しく踊る事ができなくなってきています。

1人で踊るための身体・筋肉は、小さい年齢から鍛えられています。

日本人・アジア系の身体・筋肉の質・骨格の形・バレエの世界基準から向いていないおかげで、小さな年齢からでも筋肉質になり、小さな身体のまま成長しないで、早く動けてしまう身体が作れます。

日本のコンクールでの踊るは、小さな年齢・大人になる前にしては世界よりもレベルが上位にいます。

ですが、無理に小さな頃からコンクールに出場させてしまう。できてしまう日本人系の身体ですので、身体には大きな負担、クセが身につきかかっています。

大人になる頃には、大きなクセと壊れ始めている身体になっています。

コンクールが悪いわけではありません。コンクールだけを目指すことが悪いと思っています。人と競い合うばかりが悪いと思っています。

踊りを競い合う、身体を競い合う、賞を競い合う、入学先・留学作を競い合う、競い合う事が好きで楽しいのならば、スポーツ・アスリートを目指せばもっと競いあえます!

バレエは、芸術です。伝統・古典、作られた・決められた世界があります。

その世界の中で、自分自身と話し合い、最も美しいバレエを踊れる事を楽しむのが、バレリーナです。

バレエを踊るとき、楽しみ方を間違えないで踊って下さい。

小さなバレリーナさん!まだ意味が分からないと思います。そんなときは、お父様・お母様!応援してあげて下さい。

バレエの世界は一般常識の世界で学ぶ内容ではありません。だからお父様・お母様も分からないと思います。

ですが、今の日本のバレエの流れは少し楽しんでバレエを踊れなくなっています。

プロのバレリーナになるにも、本当のバレエを楽しんで踊れるようにならないと難しいです。そのためにコンクール・バリエーションだけを競い合って踊っていては、本当のバレエを学び・知り、楽しんで踊れるようにはなりません。

バレエ教室・バレエ教師の先生方も、今の日本のバレエ界の流れに戸惑っています。コンクールで結果を出せていなければ生徒が集まらなくなってきています。

本当のバレエを楽しんで踊る方法を教えたいバレエ教室・バレエ教師はたくさんいらっしゃいます。ですが生徒が集まらないと伝えれません。だからコンクールの流れに流されてしまいます。

バレエ教師・バレエ教室・お父様・お母様、みんなの目線を世界基準のバレエへ、もう一度メッセージし直して、これからの未来のバレリーナの為に、考えて応援して頂きたいと思っています。

偉そうな内容の文章を書きました。深いに感じた方へお詫びいたします。申し訳ございません。

日本のバレエ界、バレリーナ・ダンサーが大好きです。世界のバレエも大好きです。

日本のバレエ界が、世界のバレエ界のように発展して、小さなバレリーナさんが進む道に迷わないで、バレエを楽しく踊ることができるようになって欲しいと思っています。

がんばろう!

日本のバレエ界(^O^)応援しております。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。