ウエスト・ダイエットのために!

ウエストを締めたり、おなかを引っ込めるのに効果的なエクササイズは?

キーポイントは深部腹筋、その中でも、とくに大腰筋です。皮下脂肪を落とそうとする前に大腰筋をしっかり動かす。それだけで、ウエストが10 ㎝以上細くなる人がいます。なぜそうなるのでしょう。

おなかの中は基本的に空洞です。胃や腸が自由に動くスペースが確保されています。その空洞の形が変だったり、骨盤や腰椎の姿勢が崩れていて内臓が下に落ちている人は、おなかが出っ張ってしまう。

しかし、余分なスペースがある分、細くするのは比較的簡単です。深呼吸をしたり、モノをたくさん食べただけでも、ベルトがキツくなったりしますよね。逆に力を入れてヘソを引っ込めれば、おなかはグッと内側にへこみます。その状態を、意識しなくても維持できればいいわけです。

大腰筋を意識したトレーニングをすると、その周辺の脊柱起立筋や大臀筋、中臀筋といったコアマッスルも使うことになります。その結果、前や後ろに倒れていた骨盤が真っ直ぐ立ち、本来あるべき場所に戻ってくるのです。骨盤の姿勢が良くなると、内臓の位置も矯正されます。内臓の位置が変わると、便秘や冷え性、むくみがなくなってきます。

そして、下半身の代謝そのものが改善される。血行や代謝が良くなれば、エネルギーが逃げやすくなり、脂肪が落ちやすくなる。そうなったら、今度はおなか全体の筋肉を使うトレーニングをしたり、エアロビックで脂肪を燃焼させたりする。そうして段階を踏んでトレーニングしていけば、効果はひじょうに大きくなります。いきなりエアロビックをやっても、おなかまわりの脂肪はなかなか落ちません。

大腰筋はどうやって鍛えればいいか。階段を一段とばしで上がっていくのが一番。ただ,これはキツいし、女性はできないかもしれない。それなら歩き方を変えてみるといいでしょう。太ももを前に引っ張るようなイメージで、大股でシャキシャキと歩くようにする。家でもできるトレーニングとしては、太ももが床と平行になるぐらいまで上げて、その場で足踏みをする。最初は50回からはじめ、300回ぐらいを目標にしましょう。それだけでもかなり大腰筋が鍛えられ、おなかを引き締める効果があるはずです。

そんなウエストを引き締めて美しい姿勢とダイエットを応援しているのが、キックボクサリーナです!

キックボクサリーナでは、軸・体幹を中心に足を上げたり、腰をひねったり、腕を出したり上げたりする事で、姿勢を美しく・痩せやすい筋肉・身体を作っていきます!

しかも、楽しくストレス発散もできる。心とカラダが元気に美しく強くなります。

ぜひ!あなたを元気に美しく強く!応援させて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です